詳細情報

検索結果一覧

高勝寺のカヤ

種別都指定 天然記念物
所在区市町村稲城市
指定年月日昭和36年1月31日
員数1本
所有者宗教法人 高勝寺
解説文

 高勝寺(こうしょうじ)は、その建立が14世紀にまで遡る稲城の古刹(こさつ)です。その高勝寺本堂の裏側にあるこのカヤは、イチイ科に属する常緑高木で、高さ24m、幹周り6.5mあり、都内に残るカヤでは高さが「九品仏(くほんぶつ)のカヤ」(都指定天然記念物、世田谷区)に次ぎ、雌株としては最大級です。
 かつて京王線を敷設する際、北側に広がっていた樹林を伐開したため、一帯の丘陵地の上に一際高くそびえた形になりました。
 落雷などのため、主幹はなく、地上8mほどのところで、5本の支幹に分かれ、四方に枝を伸ばしています。
 平成10年に保存工事を施し、遮光設備と散水設備により、大切に保護されています。

所在地稲城市坂浜551
アクセス京王相模原線「稲城」駅からバス「駒沢学園入口」下車徒歩5分
公開情報【公開日】通年
【公開時間】8:30~17:00
【料金】なし
備考詳しくはこちらを御覧ください。
都指定天然記念物 高勝寺のカヤ 拡大表示

都指定天然記念物 高勝寺のカヤ

このページのトップへ