詳細情報

検索結果一覧

初代安藤広重墓及び記念碑

種別都指定 旧跡
所在区市町村足立区
指定年月日昭和15年6月6日 標識
昭和27年4月1日 史跡指定
昭和30年3月28日 旧跡指定
昭和39年4月28日 名称変更
所有者宗教法人 東岳寺
解説文 安藤広重(1797-1858)は、江戸時代後期の浮世絵師です。広重は、八重洲河岸定火消組同心の子として生まれ、文化8年(1811)、15歳のとき歌川豊広に入門し浮世絵を学び、歌川の画姓と広重の号を許されました。風景画や花鳥画で人気を集め、天保年間に「東海道五拾三次」を発表し、一躍名声を得ました。墓所は昭和33年の再建で、記念碑は大正13年(1924)に建てられました。
所在地足立区伊興本町1-5-16 東岳寺境内
アクセス東武伊勢崎線「竹ノ塚」駅下車徒歩10分
公開情報【公開日】通年
【公開時間】9:00~16:00
【料金】なし
都指定旧跡 初代安藤広重墓及び記念碑 拡大表示

都指定旧跡 初代安藤広重墓及び記念碑

このページのトップへ