詳細情報

検索結果一覧

旧江戸城外桜田門

種別国指定 重要文化財(建造物)
所在区市町村千代田区
指定年月日昭和36年6月7日
員数2棟
構造及び形式外桜田門 高麗門、本瓦葺 
櫓門 脇戸附櫓門、本瓦葺 
所有者国 (環境省)
時代/年代高麗門:近世/江戸時代・寛文3年(1663)頃
 ※寛政重修諸家譜による
櫓門:近世/江戸時代・寛文3年(1663)頃
 ※寛政重修諸家譜による
解説文 この門は、古くは小田原口といい、この地域に古東海道が通っていたことをうかがわせます。そのため、ここが江戸城防備上重要な拠点となり、かなりな規模の門となったと考えられます。この門は、寛永期に建設されたようですが、現在の門は寛文3 年(1663)に再建されたものが基となっています。その後、明治4 年(1871)に一度撤去された後に再建され、関東大震災後に復原されて現在に至ります。
 江戸時代には、この門を外桜田門、桔梗門を内桜田門と称し、大名登城路に利用されていました。また、幕末に桜田門外の変で井伊直弼が水戸浪士に暗殺された場所は現在の警視庁の前辺りでした。外桜田門のすぐ目の前に警視庁はあるので、ドラマなどでよく「桜田門」と称されます。
 なお、田安門には「寛永十三」(1636)、清水門には「万治元歳」(1658)と高麗門の肘壺金具に刻まれており、外桜田門とともに江戸時代初期の城門を示す建造物として残されています。
所在地千代田区皇居外苑
アクセス東京メトロ有楽町線「桜田門」駅(地上出口3)下車徒歩1分
東京メトロ丸ノ内線・日比谷線・千代田線「霞が関」駅下車徒歩5分
公開情報【公開日】通年
【公開時間】終日
【料金】なし
注意事項解説カードは、皇居外苑管理事務所(平日8:30~17:15)、楠公レストハウス(毎日10:00~16:00)にあります。
備考詳しくはこちらを御覧ください。
重要文化財(建造物) 旧江戸城外桜田門 「櫓門」 拡大表示

重要文化財(建造物) 旧江戸城外桜田門 「櫓門」

重要文化財(建造物) 旧江戸城外桜田門 「高麗門」 拡大表示

重要文化財(建造物) 旧江戸城外桜田門 「高麗門」

このページのトップへ