詳細情報

検索結果一覧

日野宿脇本陣跡

種別都指定 史跡
所在区市町村日野市
指定年月日平成22年3月23日
所有者日野市
解説文 かつての甲州道中日野宿には、そのほぼ中央に本陣と脇本陣とが並んで建っていました。本陣は大名・公家・旗本・幕府役人などの宿所であり、脇本陣はその補完的な役割を担いました。日野宿の本陣は上佐藤家、脇本陣は下佐藤家の屋敷で、両家は交替で日野本郷の名主と日野宿問屋役を務めていました。
 嘉永2 年(1849)の大火で本陣・脇本陣とも消失しましたが、脇本陣は当主佐藤彦五郎により元治元年(1864)に再建されました。この建物と屋敷地の主要部分は、大きな改変を受けずに現存している都内で唯一の本陣・脇本陣施設です。
 建物は切妻瓦葺で、甲州道中では有数の規模です。街道側に入母屋造りの屋根と式台をもつ玄関があり、本陣建築としての格式を漂わせています。当初は最上位の格式の上段の間と御前の間がありましたが、明治時代に移築されています。なお、下佐藤家は幕末期には本陣を勤めたこともあるため、この建物は「日野宿本陣」として日野市の有形文化財にも指定されています。
 また、佐藤彦五郎はこの場所に天然理心流の道場を開き、そこに集った土方歳三や近藤勇たちは、やがて新選組を結成して活躍しました。
所在地日野市日野本町2-15-9
アクセスJR中央線「日野」駅下車徒歩10分
公開情報【公開日】通年(月曜(休日の場合は翌日)・年末年始を除く。)
【公開時間】9:30~17:00
【料金】一般200円 小中学生50円
備考詳しくはこちらを御覧ください。
都指定史跡 日野宿脇本陣跡 拡大表示

都指定史跡 日野宿脇本陣跡

このページのトップへ