詳細情報

検索結果一覧

坂西横穴墓群

種別都指定 史跡
所在区市町村日野市
指定年月日昭和53年3月16日
所有者日野市(日野市教育委員会)
解説文 昭和49年、日野市神明上土地地区区画整理事業の道路建設工事中に1号横穴墓の羨門部の封石が発見され、翌年にかけて、緊急調査が行われました。線路・道路に沿って約50mの範囲に7基の横穴墓が検出され、道路の設計変更などで、そのうち1号、3号、4号の3基が保存されています。
 1号と4号は規模・形態ともに類似し、胴張複室構造で、前室天井がアーチ状、後室天井がドーム状となります。羨門から奥壁までが約6mあり、床には自然石を敷く礫床です。特に、1号は、白色粘土を全面に塗布する特徴的な横穴です。また1号、4号には斜格子文様などの線刻文字、馬や鳥が羽ばたいたような線刻画が描かれ、盗掘の際に刻んだと考えられる永仁2年(1294)などの年号も刻まれています。
 構築年代は、盗掘のため副葬品がなく不明ですが、梵天山横穴墓群などとの比較から、7世紀の後半台と考えられています。
所在地日野市大坂上1-7-2
アクセス中央本線「日野」駅下車徒歩約5分

このページのトップへ