詳細情報

検索結果一覧

品川神社の太太神楽

種別都指定 無形民俗文化財(民俗芸能)
所在区市町村品川区
指定年月日昭和38年3月19日
昭和51年7月1日 条例改正に伴い都技芸(民俗芸能)から種別名変更
所有者宗教法人 品川神社
解説文 戦国時代の創始ともいわれ、江戸幕府奉納の面や装束が多数伝わります。大正期まで神職が演じましたが、現在は保存会が演じます。演目は「四方拝の舞」「稲荷の舞」「矢天狐の舞」「翁の舞」「花鎮の舞」等、12座が伝わります。
所在地品川区北品川3-7-15 品川神社
注意事項祭典の中での奉納のため、社殿の外から御見学ください。

このページのトップへ