詳細情報

検索結果一覧

土製耳飾/東京都調布市布田町下布田遺跡出土

種別国指定 重要文化財(考古資料)
所在区市町村小金井市
指定年月日昭和54年6月6日
員数1箇
所有者東京都
時代/年代縄文
解説文 赤く塗られた鮮やかな色彩と精巧な作りが目にとまる大形の土製耳飾です。まさに縄文工芸の粋を集めた逸品と言えるもので、全体が非常に精巧な透かし彫りの技法で仕上げられています。その製法は、粘土が生乾きの段階を見計らってタイミングよく削って形を整え、焼いた後、樹脂に混ぜた赤色顔料のベンガラを塗って仕上げられたものです。
 この耳飾りは、昭和43年(1968)に武蔵野郷土館の発掘調査により、調布市下布田遺跡から出土しました。今から約2500年前の縄文時代晩期の遺跡で、京王線の布田駅から南へ約1.5km、多摩川に沿った台地上にあり、その中心部は国指定の史跡として保存されています。
所在地小金井市桜町3-7-1 江戸東京たてもの園
アクセスJR中央線「武蔵小金井」駅からバス「小金井公園西口」下車徒歩5分
西武新宿線「花小金井」駅からバス「小金井公園西口」下車徒歩5分
公開情報【特別公開】令和2年10月31日(土)~11月8日(日)
【公開時間】9:30~16:30
【料金】大人:400円 大学生:320円 65歳以上の方・高校生・都外中学生:200円 小学生以下・都内在住在学の中学生:無料
注意事項収蔵品展において特別公開することがあります。詳細はお問い合わせください。
0423-88-3300(代表)
備考詳しくはこちらを御覧ください。
重要文化財(考古資料) 土製耳飾/東京都調布市布田町下布田遺跡出土 拡大表示

重要文化財(考古資料) 土製耳飾/東京都調布市布田町下布田遺跡出土

このページのトップへ