詳細情報

検索結果一覧

勝鬨(かちどき)橋

種別国指定 重要文化財(建造物)
所在区市町村中央区
指定年月日平成19年6月18日
員数1基
構造及び形式鋼製跳開橋、橋長246.0m、跳開部分幅員26.6m、固定部分幅員25.8m、石造高欄付、袖高欄附属
鋼製鈑桁2基(門構4基を含む。)、鋼製タイドアーチ2基、(門構2基を含む。)、鉄筋コンクリート造橋脚2基(橋脚塔4棟を含む。)、鉄筋コンクリート造橋台2基、跳開装置一式よりなる                            
所有者東京都
時代/年代近代/昭和15年(1940)
 ※読売新聞による
設計:成瀬勝武、瀧尾達也、安宅勝
解説文 勝鬨橋は橋長246m、有効幅員22mで、形式はシカゴ型固定軸双葉跳開橋であり、センタースパンに跳開橋、サイドスパンに鋼ソリットリブタイドアーチが用いられています。東京市を事業主体とする東京港修築工事の一環として昭和15年(1940)に建設された勝鬨橋は、我が国初の双葉の跳開橋であり、現存する大型双葉式跳開橋としても唯一です。可動式においては、片方の可動葉が、もう片方の可動葉と無関係に開閉するシステムになっており、当時世界でも最先端の技術として特許を取得しています。建設当時は跳開橋を70秒で開くことができ、1日に5回、最盛期には1日7回、20分ずつ開いていましたが、現在では橋上の交通量の増加などに伴い、昭和45年(1970)を最後に開かずの橋となっています。勝鬨橋は海運と陸運の両立を図った特殊な構造形式を備え、現在もその状態が残っている数少ない可動橋の一つです。また我が国最大の可動支間を有する大規模、かつ、技術的完成度の高い構造物であり、我が国の技術史上重要なものとなっています。
所在地中央区築地、勝どき
アクセス都営地下鉄大江戸線「勝どき」駅下車徒歩5分
東京メトロ日比谷線「築地」駅下車徒歩8分
公開情報【公開日】通年
【公開時間】終日
【料金】なし
注意事項解説カードは「かちどき橋の資料館」(中央区築地6丁目先 火・木・金・土曜 9:30~16:30(12月1日から2月28日まで 9:00~16:00) 電話03-3543-5672)にあります。
重要文化財(建造物) 勝鬨橋 拡大表示

重要文化財(建造物) 勝鬨橋

このページのトップへ