詳細情報

検索結果一覧

日本銀行本店本館

種別国指定 重要文化財(建造物)
所在区市町村中央区
指定年月日昭和49年2月5日
員数1棟
構造及び形式石及び煉瓦造、建築面積2684.6㎡、3階建、地下1階、鉄板及び銅板葺、正門・回廊及び中庭附属 
所有者日本銀行 
時代/年代近代/明治29年(1896)
 ※辰野記念日本銀行建築譜による
設計:辰野金吾
解説文 日本銀行は明治15 年(1882)に永代橋の袂(たもと)で開業しましたが、手狭であったことや都心部からやや離れていたことなどから、翌年には店舗の移転が決定し、明治29 年(1896)に江戸時代の金座があった現在の場所に日本銀行本店本館が竣工しました。
 設計者は近代建築の巨匠であり、東京駅赤煉瓦(れんが)駅舎の設計も手がけた辰野金吾。設計にあたり彼は欧米諸国の銀行を1年あまりをかけて視察し、外観はベルギーの中央銀行を模範にしたといわれています。
 本館は地上3階、地下1階。ネオ・バロック様式にルネッサンス的意匠を加味した建築で、秩序と威厳が表現されています。さらに水洗便所やエレベーター、防火シャッターなど当時の日本では珍しかった最先端の設備も備えていました。当初は総石造りの計画でしたが、着工翌年に岐阜県南西部を中心に発生した濃尾地震を教訓に、外壁の内側に煉瓦を積み上げ、外側に石を積み上げた石積み煉瓦(れんが)造りにすることで耐震性を向上させました。結果として大正12 年(1923)に起きた関東大震災では、建物自体はびくともしませんでした。関東大震災時に発生した火災では中央のドーム及び内装の過半が焼失してしまいましたが、昭和7年(1932)に手榴弾(しゅりゅうだん)が投げ込まれた五・一五事件、昭和20 年の東京大空襲などでも大きな被害はなく、ほぼオリジナルに近い姿を現在に残しています。
 なお、日本銀行本店本館を上空から見ると「円」の形に見えます。当時は旧字体の「圓」を用いていたため、偶然の一致ではないかと考えられます。
所在地中央区日本橋本石町2-1-1
アクセス東京メトロ銀座線「三越前」駅(A8出口)下車徒歩4分
東京メトロ半蔵門線「三越前」駅(B1出口)下車徒歩5分
JR中央線・山手線ほか「神田」駅(南口)から日本橋方面へ徒歩6分
JR中央線・山手線ほか「東京」駅(八重洲北口)下車徒歩8分
公開情報詳細はホームページで公表 (http://www.boj.or.jp/ )
照会先:日本銀行情報サービス局(見学受付宛て)(03-3277-2815 <直通>)
[電話受付時間 月曜~金曜 9:30~16:30]
対象は小学校5年生以上の方(ただし、小学生は保護者の同伴が必要)。
備考写真の無断転載は禁止します。
重要文化財(建造物) 日本銀行本店本館 ■写真提供:日本銀行 拡大表示

重要文化財(建造物) 日本銀行本店本館 ■写真提供:日本銀行

重要文化財(建造物) 日本銀行本店本館 ■写真提供:日本銀行 拡大表示

重要文化財(建造物) 日本銀行本店本館 ■写真提供:日本銀行

このページのトップへ