詳細情報

検索結果一覧

玉川上水

種別国指定 史跡
所在区市町村渋谷区、杉並区、世田谷区、昭島市、小金井市、小平市、立川市、西東京市、羽村市、福生市、三鷹市、武蔵野市
指定年月日平成15年8月27日
所有者(管理者:東京都)
解説文 玉川上水は『徳川實紀』によると、承応2年(1653)、4代将軍家綱の命により、関東郡代伊奈半十郎忠治(いなはんじゅうろうただはる)が玉川上水奉行を命ぜられ、承応3年(1654)6月に竣工したといわれています。
 玉川上水は、江戸市中への給水を目的として羽村の多摩川に取水口を設け、四谷大木戸に至る約43㎞を自然流下により導水する素掘の開渠水道です。江戸市中へは石樋(いしどい)や木樋(もくひ)による暗渠水路で配水されました。飲料水のみならず、防火用水、庭園の泉水用水、江戸城内堀や外堀の堀用水など、多目的な機能を有する都市給水施設でした。
 玉川上水は、優れた測量技術に基づく長大な土木構造物であり、近世初期における水利技術を理解する上で重要です。また近世都市江戸の用水供給施設として、また武蔵野台地の近世灌漑用水として貴重な土木遺産です。しかも、改修が繰り返し行われているものの、かつての路線のまま連続して残されています。とくに小平監視所までの上流部は、今なお水道導水路として使用されているため、近代の土木施設として高い歴史的価値を有しています。
所在地羽村市・福生市・昭島市・立川市・小平市・小金井市・西東京市・武蔵野市・三鷹市・杉並区・世田谷区・渋谷区
公開情報【公開日】通年
【公開時間】終日
【料金】なし
注意事項解説カードは、東京都水道歴史館・小金井市文化財センター・小平市平櫛田中彫刻美術館・羽村市郷土博物館にあります。
備考羽村市郷土博物館:詳しくはこちらを御覧ください。
小金井市文化財:詳しくはこちらを御覧ください。
国指定史跡 玉川上水 拡大表示

国指定史跡 玉川上水

このページのトップへ